皮膚がんの症例写真

catch_119.jpg



2013年05月03日

皮膚がんの症状

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

■皮膚がんの症状


・皮膚は表皮と真皮からなっており、真皮は欠陥や神経、
 汗、あぶら、毛などの上皮成分が入り込み、
 その構造は複雑です

 皮膚がん(皮膚癌)とは、皮膚に生じた悪性新生物の総称です



・主なものに基底細胞がん、有棘細胞癌がん、ページェット病、
 メラノーマが含まれるほか、
 皮膚がんにも、さまざまなものがあります


・メラノーマは、皮膚がんの中でも、最も注意が必要です

 短期間に皮膚がんとして、変化が現れ、
 ホクロと違って硬くなることが、この皮膚がんの特徴です

 メラノーマは一般的に、黒色斑の境界がギザギザとなり、
 薄い褐色や黒色に肌が変化します


・爪にメラノーマが発症した場合は、爪に黒色の縦筋が現れ、
 半年から1年の間に、色が濃く、筋も幅も広くなります

 爪の皮膚がんが進行すると、爪が割れる場合もあります
posted by スマイル at 13:59| 皮膚がんの症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。